排水管の詰まりは自分じゃどうにもなりませんね

drain_pipe
排水管の詰まりというのは、自分じゃどうにもなりませんね。専門の業者さんにお願いするしか手はないとは言い切れないのかもしれませんが、場合によっては設備を移動したり分解作業などを要することもあるので、素人は下手に手を出さない方がよいということが多いですね。

こうした配水管が詰まるというトラブルは、一般家庭の場合キッチンの流し台やお風呂の浴槽内と洗い場、あるいは洗面台やトイレなどが挙げられるでしょうね。例えば、キッチンの流し台の排水溝や配水管についてですが、料理に使う油や食物の油などが排水溝を通して配水管に流れるようになっているために、配水管の内側にはそうした油が日に日に付着していくということにもなるでしょうね。そうした配水管に付着した油を定期的に取り除くような機械でいえば、メンテナンスのようなことをしないでいると、配水管の穴が次第に狭くなった状態になってしまうでしょうね。そんな状態がさらに続いた場合には、排水が流れにくくなるという結果にも成りかねません。

余談にはなりますが、そうしたことは人間の血管にも例えることができるでしょうね。人間の血管においても、動脈硬化が進行していくとやがて血管が詰まってしまうことにもなります。もちろん血管にもその太さが大小様々なので、まずは動脈硬化で生じた血栓がやがて剥離して毛細血管の部分で詰まるという病気が発生するでしょうね。ところで排水管の話ですが、キッチンの排水管と同様のトラブルはお風呂においても発生します。お風呂で身体を洗った後の汚れ水や髪の毛などが、毎日排水管に流れることにもなるので、排水管の内側には汚れや髪の毛が付着して次第にお風呂の水の流れも悪くなることがあります。こうしたトラブルというのは、完全に排水が流れなくなる前段階で掃除をすることがポイントでしょうね。とくにお店などには、パイプクリーナーに関連した専用洗剤が数多く販売されています。